LINK
N STUDIO
Art Autonomy Network
社員食堂ラボラトリー
シュハリ株式会社
Big Place
ベクトカルチャー株式会社
PUBLICUS x NIHONBASHI
NICA : Nihonbashi Institution of Contemporary Arts
ラヂマル TOKYO
おくりびとアカデミー
株式会社LOTUS 8
株式会社 BLUE LOTUS PUBLISHING
#PENTHOUSE

next

tutorial-title

2010. 10 リノベーションをスタート

築約50年、地上6階・地下1階の複合ビル、延べ面積240平米のビルに10組のメンバーが集い、半年をかけてリノベーションを行いました。各フロアともスケルトン前の一から改装をし、各々の活動にカスタムメイドした空間を創るとともに、各フロアは3Fの社員食堂を通じて、相互交流が生まれ易い空間を目指しました。

tutorial-title

2011. 06 Creative Hub 131 ロゴマーク

デザイン : 東泉一郎

tutorial-title

2011. 07 グランドオープン

2011年7月16日から18日の3日間、アーティスト新野圭二郎が代表となり、デザイナー東泉一郎、シュハリ株式会社 渡辺悟、TOKYO SOURCE 近藤ヒデノリ、Art Autonomy Network[AAN]嘉藤笑子、また30歳以下の若手nusumigui、株式会社ベクトカルチャー、Fin and Nextというの10組の組織によって、オープニング記念を開催し、正式にCreative Hub 131がスタートしました。

2011. 09  社員食堂Lab.スタート

2011. 09 社員食堂Lab.スタート

2011年9月から月曜日-シュハリカレー、水曜日-AAキッチン、金曜日-未来食堂、2012年9月から6階食堂とCreative Hub 131メンバーによる食堂を開始しました。食事を中心にコミュニケーションの場を設ける事により、内部だけでなく、外部との関係、繋がりが徐々に増え、様々なクリエイティブを作り出すきっかけとなっていきました。

tutorial-title

2013.01-2013.12 131マーケット

2013年1月より、131マーケット(シュハリ株式会社運営)をオープンしました。3月にはArt Autonomy Network[AAN]とFaN共催でFeeeel Marketの開催。6月、11月にベクトカルチャー株式会社とスプリンクル企画によるアトリエとキッチンのマルシェの開催など、Creative Hub 131一丸となりマーケットを開催し、地域の方達をはじめ、日本各地の農家さん、ものづくりのクリエイターに集まって頂けました。

tutorial-title

2013.06 rensaオープン

2013年6月より、シュハリ株式会社運営でレストラン「rensa」をオープン致しました。築50年のビルの趣を生かしたインテリアと日々農家から届く野菜を見つめ直し作られるメニューが魅力です。
クリエイティブディレクション:東泉一郎、フードディレクション:三原寛子(南風食堂)

tutorial-title

2014.02 Gallery CAUTION Open

2014年2月より、1FにGallery CAUTIONがオープンしました。

Creative Hub 131は、日本橋大伝馬町という、東京のなかでも江戸時代初期からつづくエリアに建つ古いビルを、半年がかりで 手作り改装し、つくられた施設です。

これ以上ないというほどの自由度を手に入れるため、 自主的な責任とリスクによってインディペンデントに運営されています。 2010年秋よりプロジェクトをスタート、2011年夏にオープンし、 通常の仕事場ではできないようなものづくりの場として、 人と人がともに時間を過ごし、繋がるハブとして、 新しい働きかたの方法を試し生み出す場として、 それらを発表する場として、 実験・実践の拠点として機能しています。

Creative Hub 131 was created as a facility with over a half year of handmade renovation of an old building at Nihonbashi Odemmacho where this area continued its history since the early Edo Period.

In order to gain a more maximized flexibility (freedom), each organization in the Creative Hub 131 is managed independently and takes it's own individual responsibilities and risks. The project was begun in fall 2010, and launched in the summer of 2011. It is for where we are not able to make or create otherwise at an ordinary environment; for people to spend time together and being connected as a hub, and for challenging us to make a new means of working and for exhibiting these attempts and efforts. This place now functions as a center for experiments and practices.

Creative Hub 131では3階にある社員食堂で131メンバーによる、食堂を軸にコミュニケーションを促し
様々なクリエイティブの活性を行っています。

[六階食堂パルプンテ] 火(第1、3のみ) 19:00-22:00
[おつかれさまごはん] 金 19:00-22:00
上記以外にも食事会やイベントが開催されています。詳しくは「社員食堂」HPをご覧下さい。

http://shineshokudo.comスケジュール確認はこちら

営団日比谷線 小伝馬町駅から徒歩3分

※小伝馬町駅1番出口から右手に向かって進み、さわやか信用金庫手前を右手に曲がります。
3 ブロック目、1階外壁の黒いビルが入り口です。


都営新宿線 馬喰横山駅から徒歩4分、

※馬喰横山駅A1出口を出て、手前の道路を渡ります。向いにあるスギ薬局の左手を直進し、ローソン、その先に東横インがあります。東横インを過ぎて最初の交差点を左手にまがり、1階外壁の黒いビルが入り口です。


JR総武快速線 馬喰町から徒歩4分。 地下鉄都営浅草線 東日本橋駅から徒歩5分。
他、JR神田駅、秋葉原駅、浅草橋駅より歩いて15分程度

Kodenma-Cho Station(Subway-Tokyo Metro Hibiya Line) : 3 minutes' walk.
Bakuro-yokoyama Station (Subway-Toei Shinjuku Line) : 4 minutes' walk.
Higashi-nihombashi Station (Subway-Toei Asakusa Line) : 5 minutes' walk.
Bakurochō Station (JR Sōbu Line -Rapid) : 8 minutes' walk.
Others StationsJR Kanda Station, Akihabara Station, Asakusabashi Station : 15 minutes' walk.


Creative Hub131 に関するご質問・お問合わせは、以下までご連絡ください。
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
E-mail : web@1x3x1.jp URL:www.1x3x1.jp

13-1 Ōdenmacho, Nihonbashi Chuo-ku Tokyo, 103-0011 Japan
E-mail : web@1x3x1.jp URL:www.1x3x1.jp

アーティスト新野圭二郎が代表となり、多様なアプローチを持つメンバーとして、デザイナー東泉一郎、シュハリ株式会社 渡辺悟、Art Autonomy Network[AAN]嘉藤笑子、など10組の組織がここに拠点を構えます。本施設は、地上7階・地下1階の複合ビルで「Creative Hub 131」(クリエイティブ・ハブ いちさんいち)といいます。私たちは、人と人の繋がりを意識した実験的なコミュニティをつくりながら、先鋭的なアート・クリエイティブのHub(ハブ)となることを目指していきます。

Creative Hub 131の名称は、異なるジャンルのプロフェッショナルなクリエーターが集まるネットワーク拠点という意味のHub(ハブ)と、準備期間に起こった3.11を経て、日本橋大伝馬町13-1という場所から新たに始めて行く決意を込めて名付けました。1590年(天正18年)の徳川家康の江戸入城を機に始まる長い歴史と伝統のある日本橋地区の精神性を継承しながら、新たな価値を創っていきたいと思います。

Keijiro Niino,representative; ten unique organizations; Ichiro Higashiizumi (Designer), Satoru Watanabe (Shuhaly co., ltd CEO), Hidenori Kondo (TOKYO SOURCE), Emiko Kato (Art Autonomy Network) etc; various disciplines meet here. This facility has 7 upper floors and also a basement/ As a multi-use building, Creative Hub 131 ( 131 pronounced, Ichi San Ichi), we are consciously forming an experimental community for people to get together while we aim to produce bases for artistic creativity for local societies.

Also, as this is the main location where multiple events of Central East Tokyo (Nihonbashi, Asakusabashi, Bakurocho and Kanda areas) took place and became a subject of talk in 2003.

The naming of Creative Hub 131 comes from the use of "Hub" as a place of networking to gather different people from various genres or disciplines. Also, through experiencing the March 11 (Great Tohoku earthquake) during our preparation of this place, it became our will to begin anew from this place; 13-1 Odemmacho, Nihonbashi. We would like to create new values through inheriting the spirits of a long history and traditions/customs of the Nihonbashi area which was started by Ieyasu Tokugawa entering his Edo castle in 1590.

1F
Gallery CAUTION
[ギャラリー コーション]

2014年に神宮前から日本橋に移転。同年2月よりオープン記念展として韓国のアーティスト"金恩朱"の新作展示。続いて日本橋移転記念第二弾「ポップアート」「ニューペインティング」の時代にフォーカスした《WARHOL GENERATION ーポップアートとニューペインティング時代のアーティストー》を開催しました。
http://gallerycaution.com/

2F
Go Nihonbashi
2015年から入居のあたらしいチームです。

栗須智子・澁谷奈緒
ファッションデザイナーと紙をつかった作品を制作を行う作家のチームです。

3F
社員食堂ラボラトリー
[Shine Shokudo Laboratory]

「食事を介してコミュニティを誘発し、クリエイティブを増進する」がコンセプトのコミュニティキッチン。 作る、食べる、話す、片づけるというフードコミュニケーションの方法論を利用して デザイン、アート、工業、農業、建築、経営、科学、歴史など様々な専門技術を持った方が、 ジャンルを超えてそのプロセスにおけるお互いの気付きを共有します。
http://shineshokudo.com

Enhancing creativity through observe the sense of community (a circle of people) using food communication is our shared kitchen concept.
FOOD COMMUNICATION
It aims to stimulate a cross cultural communication in less verbal way through doing food activity together such as preparing food, cooking, eating and dish washing.
We would like to be cautious with each other and share the experience & bridge all genre specialty as design, art, manufacturing ,agriculture,
architecture,science,history,management. It means not only specialty but also all mankind activity. the Process is really important too.
http://shineshokudo.com

4F
シュハリ株式会社
[Shuhaly Co., Ltd]

「事業化の手法を通じて世の中を変える」ことを志向し、思考し、試行する起業家集団。 「経営コンサルティング」と「企業向けビジネス研修」を事業の中心としつつ、「農業」や「学習塾経営」といった実業を今後も更に拡大していきます。これまでにない新しい事業が創出される「イノベーションの実験場」が4階でありた いと思っています。
www.shuhaly.co.jp/

"The change of society through processes during business," Shuhaly co., ltd is a group of entrepreneurs who seeks, concerns and challenges for change. "Management Consulting" and "Business Workshops for Companies" as our primary profession, we are expanding our activities such as agriculture or preparatory school business as our next step. It is our hope for 4th floor to be the place for innovative experiment where a fresh model of business to be created.
www.shuhaly.co.jp/

5F
Big Place
初めてつくるものをつくるための、失敗と試行錯誤の実験場。
http://www.phofa.net/blog/ichiro/

It is a space for experimentation through trial and error to create something new.
http://www.phofa.net/blog/ichiro/

有限会社ハッピーバレイ

TOKYObeta Ltd.

6F
ベクトカルチャー株式会社
[Vectculture INC.]

薬剤師 山本宏明とプロダクトデザイナー 伊藤太一が新しい会社の在り方を模索するために2011年4月に立ち上げた会社。 まずは紙の可能性を追求するブランド「OKIMAK(おきまく)」の展開から始まります。
www.vectculture.com www.okimak.com

Vectculture INC. is a company seeking a new way of being a company by a pharmacist, Hiroaki Yamamoto and a product designer Taichi Itoh in April, 2011. First of all, our challenge has starting from "OKIMAK"; A brand pursuing numerous possibilities of papers.
www.vectculture.com www.okimak.com


スプリンクル
スプリンクル(Sprinkle)のspr-には、「広がる」「飛び出る」という意味があります。スプリンクルは、各メンバーの活動を通じて、また協力しあいながら、世の中をちょっとだけ楽しく彩るアイディアやデザインや仕掛けをふりまいていきたいと思います。

Sprinkle: We will use the first three letters ("Spr") to represent various meanings such as spreading out and scattering. As Sprinkle, through the activities of each member and supporting each other, we hope to circulate a wide range of ideas and devices that may serve to make our lives a little bit more fun and colorful.

Art Autonomy Network[AAN]
[アート・オウトノミー・ネットワーク]

国内外のアートプロジェクトやアートイニシアティヴ(芸術を中心に据える)組織の情報収集とアーカイヴを行っています。また、こうした自律型芸術組織をArt Autonomy(アート・オウトノミー)として捉え、アートNPOやオーガナイザー、アーティストたちと緩やかなネットワークを形成しています。アーティストの公開型プレゼンやワークショップ、展覧会、教育プログラムなどを企画していきます。
www.a-a-n.org

We collect and archive national and international art projects and art initiative organizations. We understand these independent organizations as Art Autonomy,creating a stable network with those various art related NPO, organizers and artists. We organize public events such as presentations, workshops, exhibitions and education programs as well.
www.a-a-n.org

PUBLICUS x NIHONBASHI

隣には新しいパブリックの実験場を目指すPUBLICUS X Nihonbashi(パブリカス ニホンバシ)プロジェクト。 www.publicus.jp